銀行系カードローンの審査基準は厳しいという話は誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
低金利で借りれる非常に魅力的なカードローンですが、借りたいと思って簡単に借りれるものではありません。
審査基準はカードローン会社によって様々ですが、その中でも銀行系カードローンは特に厳しいです。
その為、銀行系カードローン駄目だったけど消費者金融は融資OKだったなんて経験をされた方も多いのではないでしょうか?

同じお金を借りるなら、少しでも利息負担が少ないカードローンを利用したいもの。
審査基準が厳しいからといって安々と諦めたくないという方も多いかと思います。
そこで今回は、銀行系カードローンで審査に通るための条件やポイントについて解説していきます。
銀行系カードローンの利用を考えている方は是非とも参考にしてください。

なぜ銀行系カードローンで審査落ちするのか?

そもそも何故、審査に落ちてしまうのか?
この原因について深く考えたことがあるという方はそう多くはないのではないでしょうか?
銀行や貸金業者は審査基準を公表してくれませんので、審査に落ちた原因も教えてくれることは一切ありません。
その原因は些細な事かもしれませんし、はたまた銀行系カードローン以外でも審査落ちする大きなものかもしれません。

まずはカードローンで審査落ちする原因について知っておくと良いです。
では具体的にどのような原因で審査落ちすることが多いのか見ていきましょう・

・入力ミスが原因
意外と多い原因として申し込み時の入力ミスがあります。
「え?入力ミスは見逃してくれないの?冷たいなぁ」
そんな風に思う方も多いかもしれませんが、事実、入力ミスが原因で審査に落ちる人はいらっしゃいます。
手軽に申し込めるカードローンだからこそ、申込みする前に入力ミスがないかよく確認する必要があります。
中にはワザと間違えるような人もいるため、入力ミスであってもそれが真実に反するものであれば審査落ちとなるのです。
入力ミスは本当に些細なものであればローン担当者が確認の意味も込めて問いただすかもしれません。
しかし明らかに虚偽であると判断した場合は即刻審査落ちとします。

・収入が不安定、勤続年数が短い
カードローンの申し込み条件に、必ずと言っていいほど記されているのが安定した収入があることです。
あまり具体性がない表現ですが、収入の安定性とは決して収入額の大小ではありません。
もちろん収入額が大きい方が審査は有利になりますし限度額も高くなる可能性が高いです。
また極端に収入が少なければ返済能力が十分ではないため審査落ちする可能性も高いです。

収入の安定性の定義はキャッシング会社によって微妙に異なるかもしれません。
しかし基本的には、毎月滞り無く収入があること、月ごとに収入額が大きく異ならないこと、この2点に尽きます。
先月は100万円だったけど今月は10万円だったと言う人よりも、毎月ほぼ15万円の収入の人のほうが審査には通りやすいです。

また意外と多いのが働き始めたばかりの人の申し込みです。
1つの職場に長く勤めていれば収入も仕事も安定してきます。
それだけ辞める可能性も低くなりますカッラ、将来的にも収入が継続的に見込めるとも取れます。
しかし働き始めたばかりの人ですと正直なところ辞める可能性が高いです。
職場や仕事内容に慣れるまでにはどうしても時間がかかりますので、そうなる前にやめてしまう方は非常に多いです。
目安としては1年以上の勤務実績があるかないかです。
もし自分の勤続年数が1年未満という方は無理に申込みしないほうが賢明と言えます。

・信用情報に傷が付いている

ローンの審査では必ず故人の信用情報が照会されます。
信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことを言い、この情報は信用情報機関に登録管理されています。
信用情報にはローンやクレカのあらゆる情報が記録されています。
いつローンに申込みしたのか、今現在何社から借り入れしているのか、借入残高はいくらなのか、返済はキチンと出来ているかなど、信用情報をチェックすれば、申し込み者がどんな借り入れをしているのかがすぐさま分かるのです。

この情報が記録されていると絶対に審査に通らないものがあります。
それが事故情報です。
返済の遅滞、自己破産や任意整理などの債務整理、強制解約などすると、事故情報として処理されてしまいます。
最低でも5年間はこの情報が残りますので、その間は一切の借り入れが出来ないと思ってよいです。
これに関して知っているという方も多いかと思いますので、今更感はありますが、自分は事故情報がないか今一度確認してみると良いです。

意外と知られていないことですが、申し込みブラックも審査に落ちやすいです。
申し込みブラックとは短期間に何社も申し込みをする人のことで、要するに申し込みのし過ぎです。
短期間にあちこちのカードローンに申し込むということは、お金に相当困っていて切羽詰っている、この人に貸しても返してもらえない可能性が高い、とキャッシング会社は判断するわけです。
いっぱい申しこめば、何処か1つぐらいは審査に通るだろうと数撃ちゃ当たる的な考えで申込みするのは逆に審査落ちしやすいので注意しましょう。
申込件数は多くても1月に3社までに止めておきましょう。

他には自分の収入に見合わない金額を借り入れしようとしている人も審査に落ちやすいです。
極端な例ですが、例えば年収150万円の人が500万円の借入希望額を出しても融資が通ることは先ずあり得ません。
あまりにも収入と支出のバランスが取れていませんから、返済できないのは目に見えています。

今は殆どの銀行でホームページにて返済シュミレーションを行うことが出来ます。
自分が希望する金額を借り入れたと仮定し、毎月いくらの返済になるのか、利息はいくら払うのか、完済日はいつになるのかを簡単に知ることが出来ます。
それが無理のない借り入れなのかどうかも他の支出と合わせれば分かるでしょう。
まずは申込みする前にシュミレーションをしてみることも非常に大切です。

銀行系カードローンで審査通過するには?

では銀行系カードローンで審査通過するにはどうすれば良いのか、その条件とはどのようなものなのでしょうか?
これは既に審査落ちする原因を見ていただければお分かりのように、審査落ちの原因をきちんとクリア出来ている方といえます。
カードローンの審査基準は業者ごとに異なりますが、重視される項目にさほど違いはないと言われています。
収入が安定していること、勤続年数が最低でも1年以上あること、ローンやクレジットカードの返済を遅滞なくキチンと出来ていること、他社借入が少ないこと、信用情報に傷がないこと、このような方は銀行系カードローンであっても審査に通る可能性は高いといえます。
銀行によっては正社員以外は申込不可とするところもありますので、その場合は返済能力や信用力が十分であっても正社員でない事には融資を受けられませんので注意しましょう。

銀行カードローンと消費者金融の審査には決定的な違いが1点あります。
それは保証会社の有無です。
実は銀行カードローンでは保証会社と銀行の審査がそれぞれあります。
実際に銀行カードローンの借入条件を見ていただければお分かりのように、「保証会社の保証が受けられること」と記されています。
これは保証会社の審査を通過するという意味です。

申し込み後に保証会社の審査を行ない、審査通過したら銀行の審査を行ない、審査通過できれば本契約という形となります。
「2社の審査を通らないといけないなんて厳しすぎる」
と、思うかもしれませんが、銀行の審査が厳しい理由は審査が2回あるからではありませんので、その点は勘違いされないように。

なぜ銀行のカードローンは審査が甘くないの?

銀行の審査が厳しいのは金利が低い事にあります。
金利が低いということは銀行の利益がその分少なくなるということになります。
利益を得たければ単順に金利を上げれば良いわけですが、高金利のローンを利用しようとは思いませんから、利用希望者は少なくなってしまいます。
低金利で利益を確実に得るためには、より確実に返済してくれる人に貸し付ける、つまりはお金を貸す相手をある程度選ぶ必要がありその基準を厳しく審査しくする必要があります。
カードローンにかぎらず融資商品は、自己破産や遅滞といった回収不能になるリスクがつきものです。
お金を貸す以上このようなリスクはある程度覚悟の上で行なわなければいけません。
その上で出来るだけリスクを抑えつつ利益を得る必要があります。
万が一回収不能になっても、そのマイナス分を利益でカバーしなければいけません。
しかし低金利で貸し付けているため、得られる利益が少ないので回収不能が多くなると経営が危うくなってしまいます。
ですから如何に回収不能にならないようにするかを突き詰めなければいけず、その為にも審査で返済能力があるかどうかを厳しくチェックするようにしているのです。。

銀行で審査が甘いカードローンは無いの?
と思う方は多いようですが、上記のようにカードローンの審査と金利の関係を見ていただければ審査が緩い銀行がないのも納得いただけるのではないでしょうか?

稀に銀行よりも安いもしくはほぼ同等の金利で貸し付けを行う業者が存在します。
しかし基本的に銀行よりも低金利で融資を行うことは不可能です。
銀行は日銀よりお金を借り入れて融資を行なっています。
超低金利でお金を借りているからこそ低金利でも儲けを得ることが出来るのです。
しかし銀行以外の貸金業者は、その銀行からお金を借りて個人に融資をしています。
ですから銀行よりも低金利で融資できるはずがなく、仮に銀行よりも低金利で貸し付けてしまうと得られる利益幅が少なくなりますので経営が苦しくなるはずです。
このような業者からの借り入れには必ず裏がありますので、危険な目にあわないためにも絶対に手を出さないことです。